最近多くの車種に採用されているFF(フロントエンジン・フロントドライブ)

 
さくらんぼ現在、販売されている車種のほとんどが、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)車ですが、
これほどまでに採用する車種が多い、フロントエンジン・フロントドライブとはどのようなものなのでしょうか。

 

 

フロントエンジン・フロントドライブとはそのまま、エンジンが車の前の方に配置され、駆動も前輪によって、
行なわれる前輪駆動方式のことを意味します。

 

 

その特徴として、エンジンが駆動輪の真上にあるため、荷重がかかりやすくトラクションを得やすいため、
直進安定性に優れ雨や雪などの悪天候でも安定して走行することができます。
また、後輪をつなぐプロペラシャフトと呼ばれる部品が不要なため車両重量を軽くすることも出来ます。
しかし、駆動と操舵を両方とも前輪が負担するため、直進安定性には優れますが、運動性や操縦安定性が、
他の方式に比べ劣ると言った点があり、更に整備性の面でも車のフロント部に部品が集中している、
前輪駆動型では、エンジンルーム内のスペースが狭くなりがちで整備性に劣ると言った欠点もあります。

 

 

現在主流である、フロントエンジン・フロントドライブ車はこのように、メリットとデメリットを兼ねそろえた、
駆動方式の一つなのです。