床下のプロペラシャフトやデフがなく、室内を広く使える

FF車の大きなメリットに室内が広く取れることがあります。

 

FF車の場合にはエンジン、ミッション、操舵系などがすべてフロントに集中しているので、キャビンに干渉するのは、マフラーと燃料タンクくらいで、車体のほとんどの部分を広さのために自由に使うことが出来るのです。

 

特にFR車では必要なプロペラシャフトがいらないことは大きな意味があります。

 

ドリンク03プロペラシャフトを省略できる車重が軽く済むばかりでなく、車室の中央に大きな出っ張りができなくて済みますこれは後部座席だけでなく運転席や助手席の広さにも大きなメリットになります。

 

また後輪にデフがないのでリアシートの中央に出っ張るものがなくなります。

 

これは特に3列シートの車などでは大変大きな意味があります。

 

FF車の場合運転席から後ろの部分は、ほとんど全部が人と荷物のために使えるわけです。

また運転席などの前席に関しては、エンジンとそれに続くミッションがFR車の場合には出てしまい、足元などが狭くなりますが、横置きのFF車では、そういう出っ張りがなく、足元が広く取れます。これらのメリットによりFF車はFR車なら一回り大きな車と同等の広さを実現できていると言えます。FF車は特に小さな車でできるだけ広い空間を確保しようとした場合に最適の方式と言えます。

コメント

コメントを受け付けておりません。