雨や雪などの悪天候下でも、走行安定性が高い

FF車、フロントエンジンフロントドライブの車は、滑りやすい路面でも走りやすいのが大きな特長です。

 

自動車の構成部品の中でずば抜けて重いエンジン、ミッションなどがまとまって前部もタイヤの近くにあり、しかも後部には大きな重い部品はほとんどないので、FFの乗用車は常に前輪に車重の半分以上がかかっています。

このためFR車に比べて駆動輪が空転しにくいのです。ですから雪道などでの発信性能が非常に優れています。

十分なグリップを得やすいだけでなく、前輪は操舵輪でもありますからハンドルの利きも有利です。

ドリンク01そういうことが相まって優れた走行安定性を発揮します。

特に悪天候のときには優れています。

 

しかしこういうFF車のメリットは発信時などアクセルを踏み込んで駆動力がタイヤに伝わっているときにあるもので、減速時にはまた違った動きとなります。ブレーキをかけたときには、加重が前輪よりになる所為もあり、元々後輪荷重の少ないFF車は前輪に過大な力を受けることになり、アンダーステアが出やすく、ハンドルを切っても曲がらないと感じることがあります。

 

悪天候の下り道などではアンダーステアが出やすいので、やはり十分注意が必要です。悪天候時はやはりスピードを控えめに、余裕を持った運転が重要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。