メリットについて

トマト

車の前部にエンジンを配置し、前輪で駆動するFF(フロントエンジン・フロントドライブ)方式は、自動車の歴史の中で最も古い駆動方式でありながら、最近では多くの車で採用されています。

 

その特性のひとつが、エンジン、ミッション、デフ、ドライバーなどが全部フロントに載っているため、車の前部が圧倒的に重いことです。

 

そのためフロントが先に限界を超えるて滑るので、スピンしにくく、直進時の安定性が良い、雨や雪などの悪天候下でも走行安定性が高いというメリットがあります。

 

駆動輪と車の進む方向を決める操舵が同じ前のタイヤで行われるので、ハンドルを切った方向へスムーズに進むという特性もあります。

 

これらは、運転初心者には大変扱いやすく、パワーに劣る点も一般道を普通に走行するには問題ないと言えます。

 

その他、床下のプロペラシャフトやデフが必要ないという構造上の特性から、コンパクトなボディでも広い室内空間を確保でき、効率的なスペースの使い方が可能な点も好まれます。

 

そして、駆動力の伝達距離が短い事から燃費が良いため、近年のエコカーには多く採用されています。

 

部品が少なく車体も軽いFFは車体価格もおさえることもできるので、初めて車を手にする方、コンパクトな車、エコカーが欲しい、そんな多くのユーザーから選ばれています。

コメント

コメントを受け付けておりません。