デメリットについて

パプリカ最近の乗用車は前輪駆動であるFF(フロントエンジン・フロントドライブ)が主流で、後輪駆動であるRRリアドライブは一部の社蝋に使われている様相になっています。

 

その理由は、メリットが大きいからです。

自動車の全部にエンジンを積んでいるので直線走行のみならず、カーブ時にも安定走行を可能にしています。

 

また、プロペラシャフトが不要であるため、車の中心部を貫くものがなくなるため、車内スペースを広く取ることができる上に、後部にも駆動部品が不要なので荷室も広く取ることができます。

 

また、部品の数を減らすことができるため車両重量を軽減することができます。

 

そしてそのことによって燃費の良い車を作ることができます。しかしながら、もちろんデメリットもあります。

自動車の前部にエンジンなどを積んでいるため車体のバランスはあまりよくありません。

そのため、どうしても小さな振動が起こり、高級車などでは静かさに勝る後輪駆動車を採用しています。

また、前部に荷重がかかることからタイヤのローテーションが必要になってきます。

さらに、運転時の加速は前部よりも後部に加重されているほうが加速が利くので、瞬発力に劣る上に、大型の車両のようなパワーを要する車には不向きです。

 

そのほかにもユニバーサルジョイントを使用するため前輪の切替しが小さくなり、小回りが利きにくくなります。

 

もちろん自動車メーカーの努力により、前輪駆動と後輪駆動の差異は小さくなっていますので、購入前に一度試乗してから判断してみるのもよいです。

コメント

コメントを受け付けておりません。