アンダーステアになりやすい

今では多数の自動車に採用されるに至ったFFレイアウトですが、そのメリットとは裏腹にデメリットも多数存在しています。各メーカーがFFを採用する最大の理由は、生産効率です。つまりは本来メーカー側の都合が最も大きいわけで、FF故のスペース効率の良さや悪路や坂道の走破性の高さといったメリットは半ば副次的なものと言えます。反面、FFにはそのレイアウト上、避けられない特性が多く存在します。例えばタックイン。これはアクセルを戻すとステアリングが内側に切れていくことです。また、自在継手を用いていることから、エンジン横置き、縦置きに関わらず、ステアリングの切れ角が小さくなる傾向にあります。ひいては最小回転半径が比較的大きくなりがちで、取り回しが悪くなります。

ピーマン02
FFにおける最大のデメリットと言えるものは、アンダーステア傾向になりやすいことです。アンダー特性とは、ステアリングを切っても車体は直進方向に行ってしまうことですが、操舵と駆動の両方を前輪で受け持つFFはどうしてもその傾向が強くなります。アンダー特性は、タイムをロスするといったレース上のデメリットのみならず、日常の走行においても、ステアリングを切ったら切っただけ曲がるといった自動車本来のナチュラルな動きを享受できない、あるいは後輪が駆動することによって後輪にパワーをかけたり減じたりして自在にコントロールするドライビングプレジャーを味わうことができないということで、生粋の車好きはやはりFFを敬遠するきらいがあります。メルセデスやBMWの殆どの車種がFRを採用していること、日本の上級車は殆どがFRなのは正にその理由によるものです。

FRに比べてハンドルが切れない

自動車業界も今まさに決算期と消費税の増税を迎えているこの時期には、大変忙しい時期といえるでしょう。この激しい商戦によって、若者の車離れも解消したいと考えているかも知れませんね。

 
今の若い人達には、自動車の構造などを始めとしてどうしてそうなるのかと言うことを考えない傾向にあると考えられます。そのために、自動車の駆動方式に関しては全くと言っていいほど興味がありません。自動車の構造を知ることは、運転技術にも繋がる事なので是非知っておいてもらいたいものです。

ピーマン01
車にはフロントエンジン、フロントドライブのFF車とフロントエンジン、リアドライブのFR車が主に市場に出回っています。もちろん他の駆動方式もありますが。
それぞれにメリットデメリットがあり、車輌開発の段階でタイプが選択されています。ハンドルを切ることは変わりませんが、FFとFRでは大きな違いが出てくる事になります。

 

FR車に比べるとFF車は、フロントに主要な部品が詰め込まれているので、重心はフロントにあります。

そのために、タイヤはフロントに加重がかかるのですが、重心は遠心力に負けてしまい外側の方向に力がかかるので、いわゆるアンダーステアといわれる現象が起こります。

 

これは、自動車の旋回能力が悪いためで、FRと比べるとが切れないと思うのです。

 

ですが、FF車は今のコンパクトカー自動車の主流であり初心者でも乗りやすいといわれているのも事実です。

デメリットについて

パプリカ最近の乗用車は前輪駆動であるFF(フロントエンジン・フロントドライブ)が主流で、後輪駆動であるRRリアドライブは一部の社蝋に使われている様相になっています。

 

その理由は、メリットが大きいからです。

自動車の全部にエンジンを積んでいるので直線走行のみならず、カーブ時にも安定走行を可能にしています。

 

また、プロペラシャフトが不要であるため、車の中心部を貫くものがなくなるため、車内スペースを広く取ることができる上に、後部にも駆動部品が不要なので荷室も広く取ることができます。

 

また、部品の数を減らすことができるため車両重量を軽減することができます。

 

そしてそのことによって燃費の良い車を作ることができます。しかしながら、もちろんデメリットもあります。

自動車の前部にエンジンなどを積んでいるため車体のバランスはあまりよくありません。

そのため、どうしても小さな振動が起こり、高級車などでは静かさに勝る後輪駆動車を採用しています。

また、前部に荷重がかかることからタイヤのローテーションが必要になってきます。

さらに、運転時の加速は前部よりも後部に加重されているほうが加速が利くので、瞬発力に劣る上に、大型の車両のようなパワーを要する車には不向きです。

 

そのほかにもユニバーサルジョイントを使用するため前輪の切替しが小さくなり、小回りが利きにくくなります。

 

もちろん自動車メーカーの努力により、前輪駆動と後輪駆動の差異は小さくなっていますので、購入前に一度試乗してから判断してみるのもよいです。

床下のプロペラシャフトやデフがなく、室内を広く使える

FF車の大きなメリットに室内が広く取れることがあります。

 

FF車の場合にはエンジン、ミッション、操舵系などがすべてフロントに集中しているので、キャビンに干渉するのは、マフラーと燃料タンクくらいで、車体のほとんどの部分を広さのために自由に使うことが出来るのです。

 

特にFR車では必要なプロペラシャフトがいらないことは大きな意味があります。

 

ドリンク03プロペラシャフトを省略できる車重が軽く済むばかりでなく、車室の中央に大きな出っ張りができなくて済みますこれは後部座席だけでなく運転席や助手席の広さにも大きなメリットになります。

 

また後輪にデフがないのでリアシートの中央に出っ張るものがなくなります。

 

これは特に3列シートの車などでは大変大きな意味があります。

 

FF車の場合運転席から後ろの部分は、ほとんど全部が人と荷物のために使えるわけです。

また運転席などの前席に関しては、エンジンとそれに続くミッションがFR車の場合には出てしまい、足元などが狭くなりますが、横置きのFF車では、そういう出っ張りがなく、足元が広く取れます。これらのメリットによりFF車はFR車なら一回り大きな車と同等の広さを実現できていると言えます。FF車は特に小さな車でできるだけ広い空間を確保しようとした場合に最適の方式と言えます。

雨や雪などの悪天候下でも、走行安定性が高い

FF車、フロントエンジンフロントドライブの車は、滑りやすい路面でも走りやすいのが大きな特長です。

 

自動車の構成部品の中でずば抜けて重いエンジン、ミッションなどがまとまって前部もタイヤの近くにあり、しかも後部には大きな重い部品はほとんどないので、FFの乗用車は常に前輪に車重の半分以上がかかっています。

このためFR車に比べて駆動輪が空転しにくいのです。ですから雪道などでの発信性能が非常に優れています。

十分なグリップを得やすいだけでなく、前輪は操舵輪でもありますからハンドルの利きも有利です。

ドリンク01そういうことが相まって優れた走行安定性を発揮します。

特に悪天候のときには優れています。

 

しかしこういうFF車のメリットは発信時などアクセルを踏み込んで駆動力がタイヤに伝わっているときにあるもので、減速時にはまた違った動きとなります。ブレーキをかけたときには、加重が前輪よりになる所為もあり、元々後輪荷重の少ないFF車は前輪に過大な力を受けることになり、アンダーステアが出やすく、ハンドルを切っても曲がらないと感じることがあります。

 

悪天候の下り道などではアンダーステアが出やすいので、やはり十分注意が必要です。悪天候時はやはりスピードを控えめに、余裕を持った運転が重要です。

メリットについて

トマト

車の前部にエンジンを配置し、前輪で駆動するFF(フロントエンジン・フロントドライブ)方式は、自動車の歴史の中で最も古い駆動方式でありながら、最近では多くの車で採用されています。

 

その特性のひとつが、エンジン、ミッション、デフ、ドライバーなどが全部フロントに載っているため、車の前部が圧倒的に重いことです。

 

そのためフロントが先に限界を超えるて滑るので、スピンしにくく、直進時の安定性が良い、雨や雪などの悪天候下でも走行安定性が高いというメリットがあります。

 

駆動輪と車の進む方向を決める操舵が同じ前のタイヤで行われるので、ハンドルを切った方向へスムーズに進むという特性もあります。

 

これらは、運転初心者には大変扱いやすく、パワーに劣る点も一般道を普通に走行するには問題ないと言えます。

 

その他、床下のプロペラシャフトやデフが必要ないという構造上の特性から、コンパクトなボディでも広い室内空間を確保でき、効率的なスペースの使い方が可能な点も好まれます。

 

そして、駆動力の伝達距離が短い事から燃費が良いため、近年のエコカーには多く採用されています。

 

部品が少なく車体も軽いFFは車体価格もおさえることもできるので、初めて車を手にする方、コンパクトな車、エコカーが欲しい、そんな多くのユーザーから選ばれています。

ハンドルを切った方向へスムーズに進む

現在、ほとんどの車で採用されているのは、フロントエンジンフロントドライブ、通称FFというものです。
あまりに普及していて当然のようになっているので、あえてFFと表示していないところもあるくらいです。
FR(フロントエンジンリアドライブ)やRR(リアエンジンリアドライブ)のほうがかなり珍しいので、そちらを採用している車に関しては、しっかりとFRやRRのことが明記されております。

 

 

スイーツ03ところで、なぜこれほどまでにフロントエンジンフロントドライブが普及をしているのでしょうか。
それは、運転がとてもスムーズだということにあるでしょう。
FRなどはスポーツカーに採用されておりますが、ほとんどの人はスポーツカーに乗りません。
セダンやミニバンに乗ります。
その際肝心なのは、自分の思ったように運転をしてくれるということ。

 

 

それに都合のいい駆動方式が、フロントエンジンフロントドライブということがいえます。
特に重要なのが、フロントドライブです。
ハンドルをきると、フロントのタイヤが左右に動く、これが非常に重要なのです。
フロント部分は自分でもよく見えるところです。
自分がよく見える部分がスムーズに動けば、車全体もスムーズに動くということです。

前輪で駆動するためにプロペラシャフトが必要ない

スイーツ02車の駆動方式は、以前はFR(フロントエンジン・リアドライブ)が主流でした。

その為に、エンジン、トランスミッションを経由した駆動力を、リアのデファレンシャルギアまで伝達する必要がありました。

その結合にプロペラシャフトが用いられてきました。

 

FF(フロントエンジン・フロントドライブ)車が登場すると、その状況は一変しました。

 

フロント部に、エンジン、トランスミッション、デファレンシャルギアを集約できた為に、リアへ駆動力を伝達する必要が無くなり、結果として関連する部品が廃止できました。

 

そのメリットは多く存在します。

 

先ず、部品点数の削減によるコストダウンです。

 

伝達シャフト、それを保持する機構等が廃止できました。

 

それに伴い、車体の軽量化も可能となり、燃費の向上に貢献できました。

 

スペース効率の向上では、駆動力伝達の為のシャフトが廃止された為、車内のリアシートのセンター部に存在していた盛り上がりが無くなりました。

 

これにより床面がフラットになり、居住性がかなり向上しました。

 

フロントシート部に関しても、トランスミッションがエンジンルームに移動することができた為、足元のスペースがかなり拡大されました。

 

以上のように、メリットが多く存在します。

FF(フロントエンジン・フロントドライブ)の特徴

FF(前輪駆動)とはフロント側にエンジンがあり、駆動も前輪で行う駆動方式のことを言います。

 

ちなみにこの時の後輪は基本的に転がっているだけという状態になっています。

逆にエンジンは前に駆動するタイヤは後輪という駆動方式をFR(後輪駆動)と呼びます。

 

スイーツ01この前輪駆動の特徴として車体前部で自動車を牽引する構造になっているため、直進走行時の安定性が高いことが挙げられます。

 

また、4WDほどではないですが、雪道での安定性はFRに比べて大きくスリップした時のリカバリーは逆に4WDよりやりやすいことが挙げられます。

 

他にも、多くの部品を車体前部に集中させることから車内スペースを広く取ることが出来る点メリットの1つです。

 

また、メリットとデメリットの両方に挙げられることとして、車体前部に重心が寄っていることからコーナーにおいてアクセルを踏むと外側に向いてしまいがちな点です。

 

ただし、これは運転車自身にとっては安全に思えるので操作がしやすいと感じる部分でもあります。

 

また、前述した重心が車体前部に寄っていることにより乗り心地は他の駆動方式と比べると悪いと言えます。

 

そのため、セダンタイプの高級車等では乗り心地を優先してFRを採用していることが多いです。